圧倒的臨場感! 「パチスロ鉄拳4」新機種発表会 – 発表会・メーカー取材レポート

一撃

2019年5月14日(火)、山佐株式会社は中央区THE BAGUS PLACEにて
「パチスロ鉄拳4」の新機種発表会を開催した。

本機は4号機から続く大人気「パチスロ鉄拳」シリーズの最新作。会場には多くの業界関係者が詰めかけ、同機種の注目度の高さを伺わせた。

発表会は盛大なアンベール・PV上映に続いて、同社取締役副本部長 佐野 詳一氏が登壇。同氏は本機について、「最大の特徴である”バトルスクリーン阿修羅”により、眼の前で繰り広げられる鉄拳の世界観・出玉の鍵を握る継続バトルがより大迫力でプレイヤーを包み込み、全く新しい遊技体験を提供できると思う」と自信をのぞかせた。

そして会場には、同社がスポンサードする鉄拳のプロゲーマーチーム「TeamYAMASA」が応援に駆けつけ、エキシビジョンマッチを行い、会場の盛り上がりに華を添えた。

発表会の模様


「パチスロ鉄拳4」機種紹介

初代「鉄拳R」を彷彿とさせるシステム!

本機は「新・鉄拳コンボシステム」を搭載。これは初代「パチスロ鉄拳R」のゲーム性を継承・進化させた「鉄拳チャンス」を主軸とする新システムで、これに突入させることがコンボ発動へのトリガーとなる。

「鉄拳チャンス」中は、毎ゲーム約1/11でボーナス抽選を行う(期待度は約63%)。そして 「鉄拳チャンス」には連続性があり、「鉄拳チャンス高確」中は、約1/10で「鉄拳チャンス」を抽選する。

ボーナス後は「ボーナス高確」「鉄拳チャンス高確」のいずれかに滞在濃厚であるため、起点となるボーナス当選から次のボーナスへの期待感が次々とコンボで押し寄せるというわけだ。

3種類のボーナス

出玉獲得のメインとなる純増約4枚の擬似ボーナスは以下の3種類。

ビッグボーナス

獲得枚数は約126枚。演出の異なる3種類から選択可能で、ボーナス中は「バトルボーナス」の抽選を行う。

キャラクター タイプ
ラース チャンス告知タイプ
シャオユウ 最終告知タイプ
一美 完全告知タイプ
レギュラーボーナス

獲得枚数は約56枚。消化中は「鉄拳チャンス」の抽選を行い、当選時はREG後に即発動する。

自力ガチバトル「バトルボーナス」

シリーズ初となる自力ガチバトルタイプのボーナスで、ライバルに勝利し続ける限り継続する。バトル中の小役の引きが勝負を左右し、レア役や共通ベルを引くと攻撃、さらに押し順に正解するとコンボ発動で連続攻撃となる。

また規定のバトル数を勝利で「デビルバトルボーナス」へと突入。勝利期待度約87%のバトルがループし、さらに「デビルバトル」のストックも行う。

「バトルスクリーン阿修羅」

そのバトルを彩るのが「バトルスクリーン阿修羅」。プレイヤーを取り囲むように配された3面スクリーンが、大迫力のバトルを演出する。視野を埋め尽くす150度の圧倒的臨場感は、ファンならずとも一度は体感する価値があるだろう。

その他の詳しいゲーム性は、ショールーム試打などを通して引き続き最速でお届け予定。お楽しみに!

『パチスロ鉄拳4』

2019年7月22日導入予定!


▲取材に訪れた一撃編集部のティナ&たこやきマン(仮)も大興奮!

パチスロ鉄拳4の公式サイトはこちら

(C)BANDAI NAMCO Entertainment Inc.
(C)YAMASA

Source: 一撃

一撃
スポンサーリンク
pachikatsuをフォローする
パチカツ

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。